銀砂子の夜(1)

「ねんねこしゃっしゃりませ 寝た子のかわいさ
 起きて泣く子の ねんころろ 面(つら)憎さ
 ねんころろ ねんころろ」


 小夜は、鼻の横を伝う涙をぐしぐしと拳でぬぐいとり、いっそう大きな声で歌った。
 国ざかいの峠にさしかかる山道には、彼女のほかに誰の姿もありはしない。
 真夜中の中天高く冴え渡る満月は、銀色の光を落としていた。
 時おり初秋の風に揺れる黒い木々も、小夜のすりきれた着物のすそも、耳にこびりつく狼の遠吠えでさえ、銀粉を塗った蒔絵の世界のようだ。


 小夜が旅芸人の一座にもらわれたのは、去年の暮れ、8歳になったばかりのとき。
 貧しい小作人であるおとうおかあのもとには、小夜のほかに5人の子どもがいた。
 口減らしだった。
 小夜は、大人たちから叩かれ小突き回されて、役者たちの身の回りの世話をさせられた。
 なぜ、おとうおかあのもとから引き離されたのだろう。なぜ自分だけ、あんちゃんや弟妹たちと一緒に家にいてはいけないのだろう。
 女だから? いつもぼんやりとしていて役立たずだから?
 暇があれば、芝居小屋の裏の荷物の影にこっそり隠れて泣いていた。
 背景の立て看板の松の木や、編み笠や陣中羽織がはみ出ている柳行李。
 小道具の脇差がつってある下の地面には、銀色の砂が光っていた。刀の鍔の銀めっきが使うたびにはげて、ぽろりぽろりと落ちているのだ。
 その銀の粉を地面の砂からよりわけて、宝物である匂い袋の中に入れるのが、小夜のたったひとつの楽しみだった。


 旅の一座は、瀬戸内の海に沿って、村から村へと渡っていた。
 あるとき、小夜は見覚えのある場所に来たのに気づいた。それは赤穂の城下町で、小夜は一度おとうと一緒に、冬のあいだ作り溜めた蓑笠を納めに来たことがあったのだ。
 あの峠を越えれば、山の向こうの我が家に戻れる。
 そう思った小夜は、矢も盾もたまらず、芝居小屋から一目散に逃げ出した。

次へ  TOP