待宵草(1)

 地上35階から見る都会の夜景は、海の底だ。
 動くものはただ、向かいのビルの屋上で深海魚のごとくゆっくりと点滅する航空障害灯だけ。
 足元をのぞきこむと、規則正しく信号機とネオンサインがまたたき、首都高速を走るヘッドライトとテールランプのせっかちな巡礼が途切れなく続く。
 そのせわしげな様は、まるでこちら側が水面の世界を見上げているような、そんな錯覚におとしいれる。
 城西(じょうさい)は、部屋を振り返った。
 ここは外よりさらに静かで、そして暗い澱みの中だ。
 執務用の広いデスクの上のディスプレイが、青いうねるような幾何学模様を映していた。
 そしてその回りの闇は、どこよりも濃い。
 軽やかなノック。
 計算しつくされたタイミングで、ドアが開いた。
「社長。よろしいですか」
 かすかに衣擦れの音を立てて、彼の秘書が入室したところだった。
「古関(こせき)くん。まだいたのか。先に帰るように言わなかったか?」
「いえ……。それに、何か私にお手伝いできるかと思いましたので」
「悪かった。俺の車で家まで送らせよう」
「だいじょうぶです。終電までにはまだ間がありますから」
「東横線……だったか」
「よくご存知ですね」
「それくらいわかる。もう5年も俺の秘書をさせているんだからな」
 彼女はうなずいて、デスクの照明を調節した。灯りに浮かび上がる、白いなめらかな手がすばやくデスクの上を動き、既決書類の山とポートフォリオへの赤鉛筆の書き込みを確認して、今晩の彼の仕事の進捗具合を推し量る。ほっそりした指が筆記用具をペン立てに戻す。
 終わると、さりげなく城西の横顔を盗み見た。
「明日のスケジュールを確認してよろしいでしょうか」
「ああ。頼む」
 彼は、レザーのソファに腰を降ろすと、タバコに火をつけ、真正面の秘書の立ち姿にまなざしをそそぐ。
 その視線を受けた途端、古関かおりの細身の身体が、かすかな緊張をはらむのが、仕立ての良いベージュのスーツの上からでもわかった。彼女は脇にかかえていた大きなノートを広げ、読み上げ始めた。
次へ TOP