あなたの瞳の殺意(1)

 彼の瞳の中だけが私の居場所だった。
「おかえりなさいませ」
 出迎えのために玄関に立つと、靴をぬぐ夫の後ろにいつもいるのが彼。
 部屋履きをそろえて夫に差し出すときの私の胸元に、その夜の底のような瞳はじっとそそがれている。誰にも気づかれぬよう注意深く。
 その視線は、私の冷たいシルクのブラウスを刺し通し、乳房をひそやかに薄紅色にほてらせる。

 私が深津晃司のものになったのは、25歳のときだった。
 高校を卒業してからずっと勤めていた中堅企業は、倒産の危機の中にあった。その大口債権者のひとりが深津だった。
 2000人の大企業の代表取締役である深津。この20歳も年上の資産家がなぜか私を見初めたのだ。
 彼は債権の放棄を取引材料に、私を所望した。
 善人の社長はそれでもなお、私をいけにえに差し出すことをためらっていたが、経理を担当していた私には、その顔の苦悩に満ちた皺の意味がわかった。
 私が承諾しなければ、50人近い社員が路頭に迷うのだ。
 幸か不幸か、恋人らしい恋人もいなかった私には、両親のいない私を娘のように可愛がってくれた社長の恩義に報いる手段はほかに見つからなかった。
「嬉しいです。社長。私、富豪の玉の輿に乗るのが夢だったんですよ」
 せいいっぱいはしゃいで、最高の笑顔を残して、私は会社を辞め、深津のもとに嫁いだ。
 とはいえ、私は籍に入れられない妻だった。
 東京の家にはもう10年以上別居している本妻がおり、私は千葉の房総半島の海沿いの別荘を与えられた。
 大勢の使用人にかしずかれ、することもなく、不規則にやってくる夫をぼんやり待つことだけが私の日課となった。
 深津は、常軌を逸した異常な性格の持ち主だった。
 彼に仕えた秘書が、この10年でふたりも自殺に追い込まれたという噂は有名だった。
 最初に会ったときから、夫は猛禽類の目をしていた。小動物をじわじわといたぶりながら、なぶり殺す悦楽に光った目。

次へ  TOP